ヒナタの事業 AR/VR事業

企業のノベルティやプロモーション、そして地方創生までも考えます。

大分県竹田市の天空の城、国指定史跡「岡城跡」。実物大の大手門をARで再現しています。そして、石標も英語でARで表示することができます。OCRではできない技術です。
そもそもは3Dで制作したコンテンツをARで表示しているわけですが、せっかく制作した3Dコンテンツの利活用を地方自治体に提案しております。例えば、クリアファイルをマーカーとしてコンテンツを表示できたら、楽しいですよね。シリーズ化できたり、自治体の新しい収益にもなるはず。

建築物や住宅に図鑑、神社仏閣も3Dでみれたらいいですね。プロモーションにも最適です。

そして、城下町の昔の風景はどんなんだったろうと想像したりしませんか?都内でも、戦後の街並みをみれたらいいのにと思います。タイムマシーンみたいにスマホのスライダーを動かしたら、その場所の昔の画像が見える「街並みアーカイブ」。

ヒナタデザインでは、過去と未来をつなぐアプリやサービスも提供したいと考えています。

城ARアプリ(ダウンロードサイトへ)
岡城ARアプリ(ダウンロードサイトへ)

Copyright © 2009 Hinata Designs Inc, All Rights Reserved. ページトップへ